読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こんにちは、aizawaです。

aizawaによる、aizawaの為の、aizaworldをお楽しみください。

ブログの方に記事を移しました。

雑記

こんにちは、aizawaです。

少し長いですよ今回。独り言です。

 

 

日誌を書き始めた当初から、冒険者の広場に少し不便さを感じていたので

いつかブログを立てて、こちらでだらだらと綴っていこうと考えていました。

 

念願かなって、ようやくブログを作成。

もしかしたら、日誌の方で更新止まる可能性も考えられますが

どうせあんな日誌は、最初は面白かったかもしれませんが

慣れてしまえば本当につまらない文字列の集合体であり

言ってしまえば鼻くそみたいな文章です(お食事中の方ごめんなさい)

 

 

僕の本業である、物書きの仕事ではあまりふざけた文面を書くことが少なく

時には楽しい事を考え、文字に起こし、文章に繋げたいときがあります。

それを実行できる場が、あの広場であり僕にとって良い息抜きの場となりました。

 

毎回面白い文面を書くという事は、正直に言えば簡単なことであります。

思った事を文字にして、要らない部分を消してまとめるだけです。

 

 

思った事はなんだっていいです。鳥が可愛いと頭で思ったら鳥と書く。

そこから更に派生したものに繋げて文にする。それの繰り返しで完成です。

綺麗な文章を書こうとしたら、ただの綺麗な文章にしかなりません。

それも良い事だとはもちろん思います。

 

でもせっかく自分の味を出せる場であるのですから、

思いのたけを文字にして書いた方が読んでいる方に自分を知ってもらえるはずです。

楽しいと思って貰える記事は、たいてい最後まで文がオチに結びつきません。

僕がよく使う技法でありますが、真面目に話して、最後ふざけます。

一番楽な方法で正直ずるいです。

 

 

長々と語りましたが、面白い記事はずっと面白いです。

僕は根がかなり真面目だと自分でも思いますので、多少無理があります。

ふざけたり、はっちゃける事がとても苦手です。

そして何より、あまり人を信用していない悲しい人間であります。

本当に心を許せる人にしか、まともに喋りません。

 

 

ネットは、こういった性格ですらも隠せる特殊なツールであり、

自分で無い誰かを演じても、周りはそれが自分だと思い込ませられる場です。

長い事こういった世界に浸ってはおりますが、未だに不思議な世界です。

 

僕は「aizawa」をいつまで演じられるかは、僕にも分かりませんが

気持ちの続く限り、存在していきたいと思っています。

 

 

 

aizawa