読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こんにちは、aizawaです。

aizawaによる、aizawaの為の、aizaworldをお楽しみください。

おしごとの雑記

雑記

aizawaなう。

 

ワシaizawaは土日がなかなかに多忙人間です。

日頃平日はゆったりと書き物等々しながら昼間は家で過ごして、夜は出先へ。

土日にそれらを使って次のおしごとにつなげたりの繰り返しが日常であります。

 

特に日曜日なんかは、毎週の如く、新幹線、飛行機の移動が多いです。

かなり長距離移動をするため、クタクタですがそうも言ってられない。

有難い事に、僕の能力をかって頂ける方達に恵まれてなんとか暮らせてます。

 

特段僕は有名でも何でも無い、しがないライターでありますから

これといって調べたところで何も出てこないですし、

出たところで困るようなものはほぼありません。

 

 

が…一部の人が知っている送別会恋ダンス事件だけは黒歴史となります。

 

 

数日前の出来事。

仕事でお世話になっていた上司にあたる先輩がこの度去る事になりました。

もちろん人望も厚く尊敬する先輩の一人であります。

送別会を開けば人もたくさん集まるような、素敵な方です。

 

僕もお声をかけて頂いて、送別会に参加させてもらいました。

余興の一環として、星野源さんの恋を披露するという話になりました。

唄う事に関してはそれなりの自信を持っていたaizawa。

ここはひとつモノマネを交えて歌おうと思っていましたら、

ボーカルは別の方…かたや僕はバックダンサー。

 

 

ここで更なる黒歴史

僕は以前、今で言う歌い手活動をしていた時期がありました…。

コミュニティだってちゃんとあった位には、聞いてくれる人も居たんですよ!

学生の頃の話なのでだいぶ前になりますけど、若気の至りですね完全に。

 

 

そんな僕にバックダンサーだと?!

あぁそうですかと。

 

 

「恋ダンスしっかり覚えてきてね♪」

 

 

じゃねぇよ!!!

 

 

こちとら既に踊れるレベルで完コピ済みだよこら!と。

特に怒ってなかったですが、こんな感じでしたね。

 

まぁ事件はここから。

 

 

 

当日出番が回って来て、じゃあ披露となりました。

簡潔に書きますと

 

 

・ボーカルの方が、上手くも無ければヘタでもない歌唱力。

 

・バックダンサー僕を含む4人中、3人が全くダンスをうろ覚え。

 

・キレのある恋ダンスを披露し、1人笑われるaizawa氏。

 

 

 

正 直 者 が 馬 鹿 を 見 る。

 

 

これにつきますね。救いは、先輩が本当に楽しそうに見てくれてた事ですね。

それでお腹いっぱい。面白くなったのでこれはこれでよかったと思ってます。

 

 

いつの間にか黒歴史の話になってましたが、

今思えば結構黒歴史多い気がしてきたので、

2度と語らないようにしようと思いました。

 

 

aizawa

 

 

広告を非表示にする